PARTY GUN PAUL

YAS

Click

紅桜

Click

YAMATO

Click

COCE

Click

VOCA

Click

DJ A'S

Click

DJ EBS

Click

DJ KAJI

Click

DJ OMA

Click
康之
YAS
2012年に岡山津山から【逆ピラミッド】をコンセプトに、 今の日本人が忘れかけてる一人一人の生き様を見直す「強烈なリアル」を世界に発信するために 立ち上げた日本を代表する音楽レーベル:PartyGunPaul (パーティガンポール)のCEOであり、ラッパー。

97年:ラッパーとして活動を始める。同年地元津山のラッパーPUG,DJ MIKIと2MC1DJグループ(ゼロディフェクト)を結成。
YASが津山に持ち込んだHIP HOPカルチャーに多くの仲間が共感し、つながり、中国地方、関西、近畿、各地へと徐々に活動の場を広げる。
この頃、関西のアーティスト達が中心となり発売されたコンピレーションアルバム"関西ラップル"にゼロディフェクトとして1曲参加している。
そして、ゼロディフェクト名義で1stシングル"ピットブルース"を自主制作で発売し、その名を全国へと轟かせるきっかけとなる。
99年:岡山津山を代表するHIPHOP集団FATBOXCREW(ファットボックスクルー)を結成。
LIVEも東海、関東方面からも声がかかるようになり岡山津山発信の音楽で、全国各地の重要人物と繋がって行くこととなる。TOKONA-Xとの深い交流も関係者の中では有名な話。
FAT BOX CREWでイベント運営、音源リリースも絶えず重ね、プロップスは揺るがないものに高まり、岡山県を代表するRAP ARTIST、津山のHOODSTARとしての地位を確立と言える。
YASといえば2006年に発表された地元の番地をタイトルにした1st「1819」を聴いてから,ファンであり続けているリスナーも多いだろう。
その後もソロとして、クルーとして音源を発表し続けたことで、ラッパー:YASとして全国のリスナーにも多く認知されるようになったのは揺るがない事実である。
リンクした各地方の実力アーティストの作品への客演や提供も増え、2012年に新たなプロジェクトでありレーベル名でもある、­PARTY GUN PAUL(パーティーガンポール)を 立ち上げることになる。2014年には事務所兼、フラッグショップである「GUN`AUL(ガンポール)」を岡山駅前にオープンさせ発信の拠点としている。
津山という独特の土地のリアル、そこでもがき動き続けて来たYASの生き様がそのまま音源、仲間の精神の核となり業界関係者、リスナーから注目を集めている。


  • 【Dicography】

  • 2003年 『PIT BLUES』ZERO DEFECT
  • 2003年 『FATBOX』アナログ/FATBOXCREW
  • 2006年  『1819』YAS / mini album
  • 2007年 『LEGEND of PHAT 』
  • FATBOXCREW compiration album
  • 2008年 『REACH IV THE STAR』/YAS 2nd mini album
  • 2009年 『LEGEND of PHAT SECOND』
  • FATBOXCREW 2nd compiration album
  • 2011年 『パズル』康之 / 1st ALBUM
  • 2013年 G.H.E.T.T.O , FamiliaのMUSIC VIDEOを配信
  • 2014年 Chain 4 $kills / YAS & DJ Mitch
  • 2014年 十字架 DJ KAJI feat YAS


【Official web page】http://partygunpaul.com/
【Official Facebook ファンページ】https://www.facebook.com/PGPRecords


紅桜
紅桜

2001年当時、紅桜は16才でFAT BOX CREW(FBC)に影響されMICを握る。
2003年に地元の仲間達とILL FLAMINGO(イルフラミンゴ)【Voca,DJ OMA47,EBS 】を結成、持ち味の迫力あるLIVEとフリースタイルで毎回現場を沸かし続け、 岡山は勿論、中国四国地方、関西を中心に「ヤバい」奴が津山にいると話題になる。
そして2009年YASが「BULLS ENT」に区切りを付け、新たに立ち上げたレーベルParty GunPaul(パーティガンポール)のアーティストとして契りを交わし、全国に向けて本格的な活動を開始する。
翌年2011年UMB岡山予選で優勝、全国本戦で勝ちを得れなかったものの、その存在感、フロウ、圧倒的なステージングは全国に認知され始める。
2012年は日本中で話題になった「若き血」の10曲目/酔って候で参加。
2013年6月18日に「Holale!!」(オラレ)をリリース。同年、以前から昭和レコーズSHINGO★西成主催「乱THIS TOWN」でライブ出演、昭和レコーズツアーに同行。
また、ANDSUNS10周年イベントにも出演し、2013年は二度目のUMB岡山チャンピオンとして、年末に行われたUMB本戦に出場している。
2013年12月25日に業界騒然となるシングル「悲しみの後」をiTunesで配信し、 現日本語ラップ界で最重要若手ラッパーであることは疑う余地もない。



YAMATO
YAMATO
1997年FAT BOX CREWのリーダー 康之と出会いRAPを始める。
地元岡山県津山市を中心に活動していく中で現GHETTO4PRIDEのリーダー4PRIDEと出会いMASTER BULLDOGを結成。
津山という独特の土地柄で生きていく中で、自身の半生をリリックに詰め込んだそのスタイルはYAMATO自身と言える。
のちの康之と共にParty Gun Paul Recordsを立ち上げる。
ソロでも活動の幅を広げ、岡山県内外でオリジナリティ溢れるLIVEパフォーマンスを展開している。

2001年FAT BOX CREW名義のアナログMASTER BULLDOG / ON THE STREETで参加。
2007年『FAT BOX CREW / Legend Of Phat』2009年『FAT BOX CREW / Legend Of Phat2』音源参加。
2011年『4PRIDE / REBIRTH』feat.参加。
COCE
COCE
VOCA
VOCA
VOCA a.k.a ZERRY

2003年紅桜、DJ OMA、DJ EBSと共にILL FLAMINGOを結成。
地元津山を中心に活動していく中でFAT BOX CREW 康之にそのRAPスキルが認められFAT BOX CREWの核となるBULL'S ENTに参加。二ヶ月に一回地元津山のライブハウスK2での【THE BULLS】を若干18歳の若さでオーガナイズ等を成功させる。
2004年『YAS/1819』にINTRO参加し2006年『WORD TRICK / W.T~Letter~』に19歳の若さでfeat参加を果たす。
VOCA自身苦境な環境で育ちSTREET LIFEを肌で感じ吐き出すリリックはリアルそのものである。
今後ILL FLAMINGOの活動と共にVOCA自身のソロ音源を制作している。
DJ A's
DJ A's
2003年から岡山県を拠点にDJキャリアをスタートさせる。当時HIP HOPの影響でBREAKIN,SCRATCHの存在に衝撃を受け、現在自身のTURNTABLIST/DJ/TRACK MAKERのスタイルとして重要な要素となり、クラブプレイ、ショーケース、大会などでそのスキルを現場に放出している。ジャンルを超えた音楽をスクラッチ、ジャグリングを駆使して、展開していくTURNTABLISMに音楽性の高い作品を追求。2009年よりDJ BATTLEの大会にも参戦し始め、そのスタンスを着々と定着させている。またTRACK MAKERとしても活動しており、自身のDJプレイの音源制作、アーティストへの楽曲提供なども行なっている。ジャンル問わず良質なSOUNDを自由に操る次世代のTABLIST。

  • バトル戦歴
  • 2009,2010 DMC 関西予選 出場
  • 2010 THE FAR EAST DJ CHAMPIONSHIP vol.2 出場
  • 2011 DMC 西日本予選 BEST 8
  • 2012 B.O.M DJ BATTLE BEST 4





myspace

DJ EBS
Dj EBS
2009年よりDJとして活動を開始する。同年に地元津山のMY MENラッパー紅桜、DJ OMAらからなるILL FLAMINGOに加入する。
HIP HOP,R&Bを中心にクラブプレイ、トラックメーカーメンバー、のライブDJとして活動中。
DJ KAJI
DJ KAJI
2003年頃から地元岡山県津山市を拠点にDJとしての活動を開始する。
それから間もなくオリジナリティを求めるなかでTRACK MAKINGに没頭するようになりDJ,トラックメーカーとしてのポジションを確立した。2004年以降地元の先輩FAT BOX CREWの作品の中に数多くのトラック提供、DJ ISSOの伝説のMIX CD CONCRETE GREENにG.S.M feat WORD TRICK/街の景色でトラック参加、2012年にはBRGK&ZEUS 1st ALBUM D.A.W.NよりNever Changeでトラック参加。 DJでもメインストリームを中心とした媚びないPlayに定評があり数多くのレギュラーパーティーを抱えている。2012年クリスマスに期間限定で発表したFree MIX【BLACKGift】が話題になり総ダウンロード回数が1万回を超えた。
DJとしてトラックメーカーとして県内外で活動しHIPHOPシーンを独自の視点でとらえる感性は現代の音楽シーンにおいて今最も期待されるDJの一人である。
DJ OUM
DJ OUM